アパート経営 成功例

アパート経営者に聞いた役に立つ体験と成功例

不動産投資のひとつとしてアパート経営をされる方が増えてきています。アパート経営は簡単に言うと大家という立場になります。ですので、所有するアパートに居住者が絶えず住み続けることが最終的な目標といえます。アパート経営が注目されるようになったこの背景には固定資産税の軽減、定年後の資金確保、不労所得としてなど経営される理由は様々ですが、無知のまま安易に始めてしまうと大変リスキーであり、思っていた利益を得られないこともあります。そのために、どのようなマンションかということがとても重要になってくるのです。失敗しない為にもアパート経営をされた方の成功例をもとにノウハウを学び、アパート経営を始めるまでの過程を理解しましょう。ここではいくつかポイントを絞って、アパート経営に重要なことをお伝えしていきます。

アパート経営をするにあたり何が必要なのか

成功例から読み解くとアパート経営を成功させるためには、しっかりとした経営計画を立てることから始まります。土地から購入するのか、建物のみを購入するのか、新築もしくは中古、相続した土地を活用するのかで資金の使い方や運用も異なります。またアパートの空室率は3パーセントとして経営をされている方が多く、それを考慮した収支計画を立てるといいと言われています。自己資金だけでは賄えない場合はローンの借入をすることになります。利回りなども考慮しながら長期的に安定した資金運用をしていくことが、成功させるためには不可欠な要素と言えるでしょう。アパート経営のリスクにも対応できる力が大切です。考えられるリスクには予め対策を練っておきましょう。初めてアパート経営される方は専門家に相談することもおすすめです。

今後アパート経営を視野に入れている方へ

アパート経営を成功された方のお話によると、物件を購入するまでと購入後、運用の仕方をきちんと考えられています。それぞれのプロセスの折に正しい判断をできるということが成功には不可欠となります。どの方もアパート経営をされる際には、念入りな情報収集と明確な投資目的、それに見合うように金融機関の選定をされています。利回りや家賃収入のように目先の数字に気を取られがちですが、長期的に見た数字を見据えた方が全体的な流れを把握することができます。また、物件購入後の管理方法も重要です。この時に考えられるリスクとして家賃滞納、賃貸管理を依頼する先の倒産、金利に関わることなどがあります。管理会社に依頼する場合、その企業の経営状態の動きにも気を配るようにしましょう。いくつか成功例を挙げてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

セミナーやイベントはすべて無料で参加ができます。 物件の購入、購入後の経営、出口戦略まで対応します。 賃貸住宅経営をワンストップでトータルサポートが可能です。 サ高住の建築、運営はJPMCがフルサポートします! テレビ番組「賢者の選択」で日本管理センターが紹介されました。 全国で収益不動産売買をサポートするイーベストです。 アパート経営の成功例をご紹介【JPMC】