初心者でも安心アパート経営の傾向や成功例を分かりやすく解説

アパート経営は、難しいと言われています。それにはリスクがあるからであり、リスク回避には専門的知識も必要になってくるからです。また、初期投資が多く必要になる事も、要因のひとつではあります。アパート経営と言うと、土地を持っている人や土地を購入して始める事が多いです。一定の収入が見込める為、相続税や固定資産税などの節税対策になる事がその理由です。しかし、なんとなくで始められるものではなく、必要最低限の知識が必要になってきます。アパート経営は、いわば不動産投資のひとつになります。マンションと比べて一棟あたりの規模が大きくない事から、アパート経営の方が資金は少なくても始められるものとしてメジャーになっています。株式などの投資に比べると不動産の価値の値動きは比較的安定している為、手間がかからない事も特徴になっています。では、リスクと成功例について見ていきましょう。

アパート経営のリスクについて見ていきます

アパート経営のリスクについて詳しく見ていきましょう。アパートを経営する時、成功例より先に失敗例やリスクを確認すべきだと思います。大きく7つのリスクを挙げていきます。まずは空室問題です。アパートの部屋が満室にならない場合、それだけ家賃収入が減る事になります。2つ目は家賃の滞納です。全員が必ず家賃を滞納せず払ってくれるとは限りません。3つ目は自然災害です。地震や火災などが起きてしまうと、被害総額が出てしまいます。4つ目は、建物の老朽化や修繕費用です。年数が経てば老朽化しますし、修繕も必要になります。その時にまた資金が必要になってくるのです。5つ目は立地です。周囲の状況が変わってしまう事により、需要が落ちる事も考えられます。6つ目は入居者トラブルです。7つ目は、初期投資額が高額という事です。失敗した時は借金を抱える事になってしまいます。

アパート経営の成功例について見ていきます

ではここからは、アパート経営の成功例をみていきましょう。先述したリスクを回避する対策を実行できれば、成功への足掛かりとなります。最も気をつけておかなくてはならないのが、空室リスクです。空室が多ければ多い程、収入は減ってしまいます。そこで考えたい対策は、適宜修繕を行なう事や、築年数が進んだ場合には家賃の見直しをする事も必要です。計画的に老朽化した設備の修繕などをしていく事で、安定した入居者を確保する事につなげていきます。また、自然災害に対しては保険に加入しましょう。アパート経営をする前に、しっかりと資金計画やシミュレーションをする事も大切になります。インターネットで検索すると、成功例が数多く出てきます。しかしそれだけに目を奪われずに、失敗例やリスク回避についてもしっかりと知識を身に着けておきましょう。