開業前の今からできるアパート経営の成功例をチェック

アパート経営に興味がある方が多くいらっしゃいます。アパート経営は不動産投資となり長期的な収入を見込むことができます。老後の資金対策にもなります。近年、アパートを含む賃貸の建築数が増加の一方をたどっています。増加の理由としては個人住宅と同様に低金利が続いていることや相続税の節税になるため等です。自分でアパートを管理(募集の際に仲介業者を利用)するか一括して不動産業者にまかせる(一括管理業者を利用)かも決めなければいけません。最近はサブリースという方法もあります。アパート経営にはメリットもデメリットもあります。興味がある時点からデメリットを一つ一つ潰していき将来のアパート経営を成功へと導くことが鍵となります。次に掲げる成功例を参考に一つの会社を経営する意気込みでアパート経営を行ってください。

アパート経営の成功例その1自己資金その2リサーチは入念に

アパート経営の成功例その1自己資金です。自宅を購入する際と同様に自己資金が100%やそれに近い金額であると一番苦労しません。また、自分の土地があるか無いかでもその後の資金繰りが大きく変わってきます。自分の土地が無い方は自己資金で購入後にアパートの建築をすると良いでしょう。昨今、低金利が続いておりローンを組みやすくなっておりますが、金利上昇の事は常に頭の片隅に置いておかなければいけません。その2リサーチは入念にしましょう。会社でいう経営企画とマーケティング部です。資金問題がクリアになってきましたら、下調べを開始します。自分の土地以外で建築する場合は立地条件、人口、対象入居者を丁寧に調べましょう。需要が無ければ入居者も入りません。自己所有の土地に建設する方も周辺施設や環境について詳しく調べましょう。

アパート経営の成功例その3仲介業者・管理業者とのコミュニケーションその4クレーム対応は迅速に

アパート経営の成功例その3仲介業者や管理業者とのコミュニケーションです。空室が出来た際に募集してもらう形の仲介業者や、契約内容によるけれど管理をお願いする管理業者との定期的なコミュニケーションが非常に大切となります。営業スタッフと同じ役割ですね。その4クレーム対応は迅速に行いましょう。アパートの住人トラブルで多いのは騒音問題です。迅速な処理が出来ないと後の空き家問題に直結します。トラブルが起きてからのスマートな対応はもちろん、アパートの設計建築段階でも対応することは可能です。設計段階で部屋と部屋の配置や間取りを工夫、施工段階で遮音防音の工夫をすることが出来ます。利益を考える前に、自分も住む人の気持ちになってみて下さい。自然と良いアパート経営が出来るでしょう。