はんこに使える文字のデザイン(書体)には様々な種類があります。はんこの用途によって、向いている書体や向いていない書体がありますので、オリジナルはんこを作成する前に一度チェックしてみることをおすすめします。例えば実印や銀行印は、偽造されにくいデザインである必要があるので、可読性が低く複雑な書体が向いています。一方で認印の場合は、可読性が高く馴染みのある書体の方が向いています。はんこに使える主な書体には、篆書体、楷書体、印相体(吉相体)、古印体、隷書体、行書体などがあります。そしてそれぞれの書体には歴史や特徴があります。同じ文字を彫るのでも、これだけの種類があるんですね。ここでは、オリジナルはんこを作る際におすすめの文字のデザインを、はんこの用途ごとに分けてそれぞれご紹介します。

実印・銀行印におすすめの文字のデザイン

実印に最も適した書体は、篆書体です。中国から伝えられた最も古い書体で、他の書体の元となったものです。ですので、印鑑登録できないことはまずありません。また、可読性の低い書体なので偽造されにくいという点も、実印におすすめする理由です。銀行印に向いている書体は、印相体(吉相体)です。昭和に入ってからできた書体で、篆書体を元にしています。篆書体よりさらに可読性が低く、偽造しにくいデザインであることが特徴です。篆書体を丸く崩して輪郭に近づけたような形をしており、八方広がりであることから、易学や風水では開運印相として使われる書体です。どちらも可読性の低い書体ですので、篆書体を銀行印に使ったり、印相体を実印に使ったりすることもできます。実印、銀行印ともに、はんこにしたときの可読性の低さ(偽装のされにくさ)を一番に考えて選びましょう。

認印におすすめの文字のデザイン

認印には様々な書体が使われますが、一般的にははんこにした時に可読性の高いデザインが好まれます。まずよく使われる書体に隷書体があります。秦の時代に作られたバランスのとれた美しい書体で、お札などにも使われており馴染みがあります。可読性も高いので、認印や訂正印に使いやすいデザインに彫ることができます。隷書体をベースにしながらも日本で誕生した古印体は、認印で最も使われている書体です。日本古来の文字であることもあり、隷書体より柔らかい雰囲気のデザインになります。教科書などでおなじみの楷書体も認印によく使われます。誰もが馴染みのある書体なので、可読性は随一です。その可読性の高さから、逆に実印には使われにくい書体でもあります。行書体は少しクセのある書体です。流れるような形が美しいデザインですが、文字の種類によって見栄えに大きな差がでてきます。とても柔らかい雰囲気になりますので、特に女性に人気の書体です。