はんこは日本人にとって非常に馴染みの深いものです。はんこには印鑑のように公的に必要なものもあれば、いわゆるスタンプと言われる文字やイラストなどが彫られている実用的なものもあります。仕事で伝達や小見出し、資料整理などに使われることもあれば、手紙やハガキに押してアクセントとして使われることもあり、実に様々な場面で活躍してくれるものです。既成品でもおしゃれなものや、可愛い物、便利なものはたくさんありますが、おすすめなのはやはりオリジナルはんこです。世界に一つだけのこだわりの一品は、愛着が湧くのはもちろん、使う時にもなんだか特別な気分になるものです。オリジナルのはんこを作るのは難しく感じるかもしれませんが、案外簡単です。そこで、いくつかの方法を紹介していきます。

専門店に依頼して作って貰う方法

はんこの専門店では、お客様の依頼を元にオリジナルのはんこを作ってくれるところがあります。はんこ自体の大きさや形などをいくつかの種類から選ぶ場合もあれば、サイズも好きに指定できる場合もあります。ゴム製、樹脂製、木製など、素材も選ぶことが可能です。文字を入れる場合には、フォントやそのサイズも自由にカスタマイズできます。イラストなどをはんこにしたい場合、データを店舗に送付する必要があります。IllustratorやPhotoshopなどで作成したファイルをメールなどで添付だけで簡単に注文できます。店舗によっては手書きのデータでも作ってくれるところがありますので、事前に確認をしてみましょう。基本的に作成したいはんこの素材や、その大きさなどで価格が変化していきます。

自分でオリジナルのはんこを作る方法

制作から自分で行うとより愛着が湧くものです。より簡単に作るのは消しゴムハンコです。文具店やDIY店などにははんこ用の様々なサイズの消しゴムが販売されています。トレーシングペーパーに濃い目の鉛筆でイラストや文字を書き、消しゴムの面に押し付け、コインなどで擦ればイラストが反転して転写されますので、後は彫刻刀やデザインカッターを使って丁寧に彫っていきます。上手に彫れるようになるまでは練習も必要ですが、味があって温かみのあるはんこが出来上がります。より本格的なものにチャレンジしてみたい場合は、木や石、樹脂なども専用のものが販売されています。もちろん消しゴムに比べると格段に難しくなりますし、制作するためには特殊な道具が必要になる場合もあります。しかし丈夫で長持ちするものに仕上がりますので、是非挑戦してみてください。